湘南歩楽Log

@歩楽のデイリーLog 不定期ながらB級グルメやPC関連を記録してます♫

*

2020年 Windows10 駆け込みUpgrade

   

最後の追い込み Windows7からWindows10へ

Windows 7 のサポートの2020 年 1 月 14 日に終了に合わせて、急ピッチで7から10へのUpgradeを行った。職場はもちろん、自宅でも仕舞い込んでいる緊急時のHDD(Windows7)さえもこの際、リニューアルしようと考えた。もはやこのタイミングを逃すと、おそらく完全にUpgradeが有料化されるに違いない。現時点では、Windows10のメディアツールを利用すれば支障なくUpgrade可能であるからだ。購入ライセンスがあるなら、最後の追い込みでUpgradeとデジタルライセンス認証でリンクさせおく。事後はクリーンインストールが可能となるので、あと2-3台のHDDをリニューアルしたい。

まずは2013年1月から動かしていないWindows7をUpgrade

OS起動はさせていないが、TSファイルの保管用途として数ヶ月間隔のスパンで通電させているHDDを最初にリニューアルする。6年経年したHDDがとても危うい存在というのは分かっている。データ保管は、クラウドがよいのかSSDにするのかは別として、自作PCのOSライセンスはプリントされたプロダクトキーからマイクロソフトアカウントに取り変わっていくのだろうか。便利なようで、アカウントを失うとライセンスも失うということになる。今回のHDDのように5年放っておくと、アカウントが無効になっているので対策が必要だ。

Hotmailのアカウントの有効期限

■Hotmail アカウントは、270 日以上サインインしていない状態が続くと、メール機能が無効になり、保存されているメールデータなどが自動的に削除される
■さらに 1 年以上連続してサインインしない状態が続くと、Hotmail アカウント自体が完全に削除される
■電子メールクライアントやメールサービスに Outlook.com アカウントを POP 設定で追加された場合でも、「Hotmail アカウントでサインインした」と認識される
■しかしアカウントを確実に有効な状態に保つために、Web (Hotmail) 上からの定期的なサインインが推奨される

メールなんて使わないので、デジタルライセンス認証したWindows10にログインするのが確実となる。

Windows7の起動

さてHDDを起動する。当時のマザーボードは既にないため、予備のマザーボードに取り付ける。AMDのチップは、BIOS(レガシー)の設定に誤りがなければ、ドライバー類はUpdateされて起動できる。念のために再起動してグラフィック系とVirusソフトを更新させる。特に問題はでなかった。

予想されていたがWindows Updateが動作しない

6年のインターバルではUpdateが動作されないのは分かっていた。

長期間未使用のWindowsは、Windows Updateが動作しない動かない場合には2種のツールで手当をする

1.【WindowsUpdate.diagcab】 トラブルシューティングツール(MSでは配布終了)(Google検索で拾う)

トラブルシューディングツール WindowsUpdate.diagcab をネットで探す2.Windows標準の「トラブルシューティング」

Windows標準の「トラブルシューティング」 【Windows Updateで問題を解決する】【Windows Updateで問題を解決する】をクリックしてしばらく待つ。

再度Windows Updateをしてみると、復活できた。

Windows Updateの復活。6年のインターバルがあっても動作は可能。6年間分のUpdateは必要ないので、Windows Updateを復活させたら、次のステップに進む。

動作しないsoftwareをアンインストールする

Windows10で動作しないものは、アンインストールか対応しているバージョンにアップグレードする。動作しないものは、Windows10のアップグレードの途中で親切に指示が出てくるが、アップグレードのやり直しになる場合もあるから削除した方が無難だろう。私の場合は、Atok9とMcAfee.VirusScan.Enterprise.v8.8を事前にアンインストールしておいた。

メディアツール1909をダウンロードし、実行する

MediaCreationTool1909.exe https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

そのまま使用しても、USBメモリーに実装してもいいだろう。

MediaCreationTool1909を使用して10のセットアップを行う。

Windows7をWindows Updateで最新にする必要はないようだ。Windows Updateが動作しなくてもよい状態からもアップグレードできるかは、やってみないと分からない。

6年前のWindows7でもMediaCreationToolが動作できれば特に問題なくUpgradeは完了したマイクロソフトアカウントを作成して認証させると、難なくアップグレードの完成である。MediaCreationTool1909の使用制限は謳われていないと見えるので、これでいいと考える。

気になる方は、サポートへ確認のこと。

関連過去Log:

消費税増税のためのPCアップグレード
Windows10 アップグレード お復習い

 - パソコン ,

 

320

320

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

数本の録画予約が出来なかったものの、PT3に影響なし
PT3とWindows 10 Insider Preview Build 14367

Windows 10 Insider Preview Build 14367 数 …

Windows10 Build 10166でPT3&TvTest
Windows10 Build 10166でPT3&TvTest

RTMリリースに向け準備中 7月15日になってもリリースされてないけれど、まだ製 …

PT3とWindows11 Dev build 22478.1012

目次1 PTx環境はWindows11で維持されたと考えてよいか・・・2 予備装 …

PT3とWindows11 21H2 build 22000.65

目次1 Windows11 Updateからbuild 22000.65が降りて …

「VMware Workstation」「VMware Player」に複数の脆弱性、最新版への更新を
VMware:VMSA-2015-0004

VMware Security Advisories VMware Workst …

PT3への影響は今のところ現れていない
PT3とWindows 10 Insider Preview Build 14342

Windows 10 Insider Preview Build 14342 E …

Windows8.0⇒10にする時、ドライバーはそのまま踏襲
Windows10 PT3 新ドライバー PT3-Driver-400.exe

目次1 Windows10 Build 10547でPT3-Driver-400 …

消費税増税のためのPCアップグレード

Windows10へのUpgrade:2019 Windows7のサポート終了と …

Tips:VMware仮想PCのレガシーBIOSモードをUEFIモードへ変更

目次1 UEFIモードの利点2 レガシーBIOSモードをUEFIモードへ変更:当 …

今週リリース予定のWindows11のbuildは何。buildupの準備

目次1 最初のbuildってleakしている21996.1なんだろうか1.0.0 …