湘南歩楽Log

@歩楽のデイリーLog 不定期ながらB級グルメやPC関連を記録してます♫

*

Windows10にてWinエクスペリエンスインデックスを確認する

   

Windows10 Upgrade後の状況

特に異常なし

Windows10へのUpgradeは、Windows Update に時間を取られたり、ループする不具合があるため小生はディスクイメージツールを利用して実行している。

テクニカルライターなど本職の人はWindows Updateを利用してPCを24時間稼働できる体制なので2-3日待ち続けても、痛くも痒くもないだろう。素人の我らは、無駄に通電する意味がないのでサッサとディスクイメージツール利用でUpgradeしてしまえばよい。

小生の環境では、現時点で大きな不都合も出ないで日常的に使用できる状況だ。ネットブックのUpgradeも終了し少しずつ全PCのWindows10稼働体制へ持ち込みたいと思っている。

枯れた部品が好きなので(安さと安定)、最新のスペックは必要ない。
PT2 PT3 とローカルプリンターが動けばいいのだ。マザーボードはそろそろ交換の時期に入っているのだが、1年の猶予があるため冬の夜長で準備できればと思っている。

新規の部品も購入していないため、ベンチマークの記録を取ることも必要ない。

ただ、マザーボードの交換や現状のパフォーマンスは把握しておきたいとも考えている。

Windows10にてWindowsエクスペリエンスインデックスを確認する

Vistaと7には、Windowsエクスペリエンスインデックスを表示できていたが、Windows 8.1以降ではWindowsエクスペリエンスインデックスを閲覧するGUIが省略されている。

しかし、Windows10にはパフォーマンス性能を測定するWinSAT(Windows System Assessment Tool)自体は存在している。

よって、Windows 10で「Windowsエクスペリエンス インデックス」を計測・表示する方法をトライしてみる。

 

操作方法

原則GUI表示が出来ないので、コマンド表示である点 留意されたし。

★WinSAT.exeを手動で実行

インデックス値を計算するには、コマンドプロンプト(管理者)を開き、

「winsat formal -restart clean」コマンドを実行する。
(デスクトップPCにて実施。ノートPC等では検証していない。)

「winsat formal -restart clean」コマンドを実行する

途中省略

「winsat formal -restart clean」コマンドを実行する

 

計測結果のログはデフォルトで、「%windir%\Performance\WinSAT\DataStore」というフォルダに、「<計測時刻> Formal.Assessment (Recent).WinSAT.xml」というXML形式のファイルで結果が保存される(「Recent」は「Initial」の場合もある。最新のファイルを開けばいい)。

たとえば:
C:\Windows\Performance\WinSAT\DataStore 内に

2015-08-15 17.43.21.998 Formal.Assessment (Recent).WinSAT.xml
2012-07-22 20.17.56.870 Formal.Assessment (Initial).WinSAT.xml

この~WinSAT.xmlを表示させて数値を読むことが出来る。

★インデックスを表示する

エクスプローラー等にて、上記のxmlファイルを表示させてもよいのだが、PowerShellを実行し

「Get-CimInstance Win32_WinSat」コマンドを実行しても表示される。

PowerShellを実行し、「Get-CimInstance Win32_WinSat」

 

★Windowsの[システム]プロパティ画面のように表示したい

外部Webサービスを利用すると表示が可能。

WinSAT Viewer http://winsat.aroundit.net/ja/

WinSAT Viewer

上記サイトを表示させ、(3)の部分に2015~WinSAT.xmlをドラッグ&ドロップすればよい。

すると、Windows7時代のWindowsエクスペリエンス インデックスが表示される。

Windowsエクスペリエンス インデックスWebsite表示用には見栄えは良い。WinSAT Viewer 表示上 Windows8.1と表記されるが、もちろんWindows10を使用している。

普段使用するなら、「Get-CimInstance Win32_WinSat」で十分だろう。

 - パソコン ,

 

320

スポンサーリンク

320

スポンサーリンク

Comment

  1. momo より:

    >Website表示用には見栄えは良い。WinSAT Viewer 表示上windows8.1と表記されるが、もちろんWindows10を使用している。

    現在はwindows10/8.1と表示が更新されてましたよ!

  2. O-man より:

    デスクトップだろうがノートだろうが代わりませんよ

  3. […] Windows10にてWinエクスペリエンスインデックスを確認する […]

  4. k より:

    ありがとうございました。

  5. Q より:

    今更ですが、
    なぜ、experience index を容易に表示できなくなったのか
    疑問を持っています。
    新規PC調達時に、PCメーカーへ experience index に
    相当する情報が欲しいと伝えても、
    答えられない、あるいは、示されないとしか回答が来ません。

    購入後、解説されている方法で表示させてみましたら、
    プロセッサ、メモリ、グラフィックスまでは8以上、
    最大の値9.1でしたが、ゲーム用グラフィックスの部分だけ、
    文字化けし判読不能でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

2018 ローカルガイドの特典 Google One 2TB ストレージ

目次1 嬉しい特典2 新サービス Google One3 Google One3 …

Windows10 PTx BonDriverの初期化ができない等問題の切り分け

目次1 PTx1ヶ月病2 1ヶ月病対策3 当方の現況4 新ドライバー で対応して …

TSSniper 無劣化編集ソフト
レビュー フリーソフト「TSSniper」 TS カット編集

目次1 TSSniper 無劣化編集ソフト2 インターフェース3 再生プレーヤー …

PT3もエラーなく動作中
Windows 10 Creators UpdateとPT3

目次1 ごちゃごちゃしないでUpdate2 お馴染みのUpdate3 インストー …

Windows10 Build 10166でPT3&TvTest
Windows10 Build 10166でPT3&TvTest

RTMリリースに向け準備中 7月15日になってもリリースされてないけれど、まだ製 …

McAfee Enterprise8.8 Patch6がきちんと動作
PT2とWindows10 Build10586

Lenovo ノートPCで苦戦 新規購入した事務用ノートPCで8.1から10への …

マイクロソフトアカウントでの自動サインイン Win10

回復ドライブとMSカウントサインイン Windows10になってからUSB Bo …

Cumulative Update for Windows 10 for x64-based Systems
Windows 10 for x64-based Systems 累積的Update Service Release 1

Cumulative Update for Windows 10 for x64 …

Build 10074
Windows 10 「Build 10122」 install

目次1 仮想ソフト VMwareを利用してWindows 10 Insider …

Windows10 ディスクイメージツール
Windows10 ディスクイメージツール(ISOファイルの取扱)

目次1 ディスクメディアに書き込まなくなって久しい2 標準掲載のディスクイメージ …