湘南歩楽Log

@歩楽のデイリーLog 不定期ながらB級グルメやPC関連を記録してます♫

*

有料化でぐらつくユーザー Windows10

   

Windows10 有料化でぐらつくユーザー

ネット上では、Upgradeなんてしないという意見が多かった。Windows7を継続使用して Windows11やWindows12でライセンス購入する方法を採用する人も多いに違いない。

私の主要な自宅PCは、Upgradeが終わって新環境で使用している。MSが無料でUpgradeしたのは今回が初である。そんな機会を見逃さないというのは理に適っていない。

個人はともかく法人の扱いが問題である。超大手ならいざ知らず、中小企業なら痛いUpgrade料金が、無料Upgrade期間終了後にやって来る。今まで、必要な時に予算化すればいいという指示が、期限内にUpgradeせよという命令に変化する。

それを見込んで、Previewしてきたのだから個人的には問題ないが 7月に入ってからではやはり遅すぎるので5月中には変更指示を出して欲しいものだ。

今更のお復習い

単にUpgradeするだけなら簡単で、後は各PCユーザーに任せてしまえばよい。問題は、Upgradeの途中で動作不能に陥ることだ。

そのためには、システムのバックアップが必要となる。旧システムとUpgrade後の新システム分があれば完璧である。その時間が馬鹿に出来ないが、無用の時間の浪費に繋がるよりましである。

新旧システムのバックアップ

既存のWindowsバックアップだと、途方もない時間が消費されるので下記がお勧めだ。

EaseUS Todo Backup Free http://www.todo-backup.com/products/home/free-backup-software.htm

又は jp.easeus.com/backup-software/free.html

導入してバックアップするには、それでも1時間+を要する。ノーマルのPCならいいが、ソフトやカスタマイズしていたら手間を惜しまない方がよい。

私の場合は、これに P2V機能版を利用して 仮想PCファイルも作っておく。

仮想化 – 仮想環境で使用できる形式に変換(P2V)

ここまでする必要はないが、BusinessPCの場合は 仮想化PCがあると非常に便利だ。

EaseUS Todo Backup Workstation (jp.easeus.com/backup-software/workstation.html

Paragon Drive Backup 15 Professional (https://www.paragon-software.com/jp/businesscustomer/db-professional/)

 

システムバックアップとP2V環境があればどんな原因不明の場合にも対応が出来る。

そしてWindows10へUpgrade

我が家の最後のWin7ノートPC(dynabook T451/46DW)をUpgradeする。

dynabook T451/46DW をUpgradeする

Windows UpdateとMediaCreationTool.exe を使った方法とどちらでもよいと思うが、無料期間終了に向けてサーバーが混雑するので MediaCreationTool.exe を利用した方が安定するだろう。、

ダウンロードはこちら、https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

この時点では、Build 10586 (バージョン1511)版にUpgradeされる。PC環境にもよるが2時間は時間を要する。

Build 10586 (バージョン1511)版にUpgrade1ヶ月間は、旧環境に戻せるので しばらくは旧システムバックアップも残しておくと心強い。

メーカー既定の管理ソフトウェアは動作しないかUpgrade版をインストールしないといけないだろうが、管理ソフトは不要だし 今のところエラーもなくdynabook T451/46DWはUpgrade完了した。

新PCはどうする

予備のHDDはWindows7Professional の環境であるが、Windows10 Upgrade後はPC環境変更(マザーボード変更)ができない。新環境を設定し HDD装着後にWindows7を動作チェックさせた後で Upgradeしよう。そうすれば、追加のライセンスの必要がなくなる。

予備のマザーボード2セットは、使用権を見込んでいた。Windows Insider Preview ユーザーは数年の使用権が与えられると思っていたのだが、そんなアナウンスは皆無である。これが悩みどころなのだ。クリーンインストールなので、1時間でインストールは完了する。ライセンスを購入するかどうかはもうしばらく様子見である。

 

 - パソコン ,

 

320

スポンサーリンク

320

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ストアが起動中にクラッシュする
Storeアプリが起動しない Windows10

目次1 Windowsストアが起動しない1.0.0.1 対処1 Windowsス …

Windows10 Build14328
PT3とWindows10 Build14328

Build14316で限りなく不安定であったエクスプローラーを改善するために、B …

TSSniper 無劣化編集ソフト
レビュー フリーソフト「TSSniper」 TS カット編集

目次1 TSSniper 無劣化編集ソフト2 インターフェース3 再生プレーヤー …

Build 10074
Windows 10 「Build 10122」 install

目次1 仮想ソフト VMwareを利用してWindows 10 Insider …

Upgrade後からは表示されるようになったライセンス表示
いつまで使える Insider Program Ver.1703

ライセンス認証の誘い Insider Program デスクトップにライセンス認 …

より安定すればなおさら、安心
出た McAfee 7 VirusScan Enterprise 8.8 Patch7

VirusScan Enterprise 8.8 Patch6 は Window …

Hyper-Vにチェックをつける
Windows10にて Hyper-Vを有効にする

目次1 ストアにアクセスできない Windows10 TH1 Professio …

PT3の視聴は可能
th2 release Professional 10532 とPT3

目次1 th2 release Professional 10532 連続更新失 …

Windows10 ディスクイメージツール
Windows10 ディスクイメージツール(ISOファイルの取扱)

目次1 ディスクメディアに書き込まなくなって久しい2 標準掲載のディスクイメージ …

Windows10 PreviewでPT3&TvTest テスト
Windows10 PreviewでPT3&TvTest

目次1 RTM近し2 PT3の動作確認3 PT3簡易導入3.1 ドライバーインス …