湘南歩楽Log

@歩楽のデイリーLog 不定期ながらB級グルメやPC関連を記録してます♫

*

2019:VMware Player と Device/Credential Guard

   

Windows10 Ver.1903とVMware Player

Windows10をVer1903(ビルド18362.175)にUpgradeするときに、VMware WS12がサポート外ということでアンインストールを余儀なくされた。VMwareは最近使っていないので取りあえずアンインストールしてみたものの、新機能のサンドボックスはリソースを喰うだけでとても私の環境ではまともに使用できないため、やはり使い慣れたVMwareを入れることにした。

VWwareは当面使用頻度が今は低いので、非営利のVMware Player15をインストールする。

ところがDevice/Credential Guardの互換性が無いということでVMware Playerが起動できない。

2019:VMware Player と Device/Credential GuardVMware WS12が使用できなかったり、Player15がインストールだけでは利用できなかったりとMSの嫌がらせなんだろうか。

VMware Player と Device/Credential Guard には互換性がありません。VMware Player は Device/Credential Guard を無効にした後で実行することができます。
詳細については、http://www.vmware.com/go/turnoff_CG_DG を参照してください。

リンク先の英文理解が出来ないので、ネット検索してみるとWindows10になってから結構頻繁に起こる事情のようだ。2年ほど仮想環境の確認が必要なかったので、Credential Guard の互換性については知らなかった。

グループポリシーのCredential Guardを無効にする

【Hyper -V】と【Hyper -V 管理ツール】は、使用していなかったが、念のためにチェックがないことを確認する。

windowsの機能の無効化:Hyper-V ダイアログ次に

【gpedit.msc】と打ち込んで、ポリシーエディッタを作動させて、

ローカルコンピューターポリシー > コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > システム > Device Guard > 仮想化ベースのセキュリティを有効にするを選択、ポリシー設定の編集をクリック→表示されるダイアログの無効→適用 を押す。

ダイアログ:仮想化ベースのセキュリティを有効にするこれで再起動させてみた。

しかし、【VMware Player と Device/Credential Guard には互換性がありません。】の繰り返しだった。

グループポリシーの変更だけでは、エラー解決しない。レジストリの変更は、ちょっと避けたいので、別のツールを使用した。

Windows Defender Credential Guardなど ハードウェア準備ツールを使用する

MSサイトにツールがあるのでこれを利用してみた。

Windows Defender Device Guard および Windows Defender Credential Guard ハードウェア準備ツール を使って Windows Defender Credential Guard を無効にする。

Device Guard and Credential Guard hardware readiness tool

ツールをダウンロードし、適時フォルダーに解凍した後、管理者コマンドプロンプトにて

DG_Readiness_Tool_v3.6.ps1 -Disable -AutoReboot

エラーが出なかったので、再起動させてみた。

今後、Credential Guardを有効にする場合が出てくるのかは、不明。

VMware(R) Workstation 15 Player(15.1.0 build-13591040)起動する

私の環境が、未だレガシーBIOS利用しているため、ハードウェア準備ツールを使用しないとCredential Guardを無効にできないのかは不明のままだ。EFI環境の場合は、どうなるのかも検証はしていない。再起動すると、Workstation 15 Player(仮想Windows7)は起動できるようになった。

VMware Workstation 15 Playerが起動するサンドボックス(仮想Windows10)よりも、リソースの消費は非常に少なくて安定している。

 

参照サイト:Windows Defender Credential Guard の管理

MSサイトに一連の記述があるので参照されたし。

Windows Defender Credential Guard の管理

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/security/identity-protection/credential-guard/credential-guard-manage

 - パソコン ,

 

320

スポンサーリンク

320

スポンサーリンク

Comment

  1. バッシー より:

    情報ありがとうございます。

    私の場合はダウンロードしたDG_Readiness_Tool_v3.6.ps1を右クリックで「パワーシェルで実行」→「y」→再起動、で上手くできました。

    環境は同じです。

    • horaku より:

      こちらこそ、情報ありがとうございます。【パワーシェル】も普段使ったことがありません。試してみます。
      VMwareは、2.0ぐらいから使ってきましたが、インストールでWindowsから弾かれる経験はなかったのでちょっとビックリしてます。
      古いSoftwareは、Windowsから閉め出されてしまうようで、ちょいと残念な気がしてます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Hyper-Vにチェックをつける
Windows10にて Hyper-Vを有効にする

目次1 ストアにアクセスできない Windows10 TH1 Professio …

Cumulative Update for Windows 10 for x64-based Systems
Windows 10 for x64-based Systems 累積的Update Service Release 1

Cumulative Update for Windows 10 for x64 …

PT3への影響は今のところ現れていない
PT3とWindows 10 Insider Preview Build 14342

Windows 10 Insider Preview Build 14342 E …

マイクロソフトアカウントでの自動サインイン Win10

回復ドライブとMSカウントサインイン Windows10になってからUSB Bo …

「VMware Workstation」「VMware Player」に複数の脆弱性、最新版への更新を
VMware:VMSA-2015-0004

VMware Security Advisories VMware Workst …

ファイルの表示が遅いフォルダを治す
Tips:Windows10でファイルの表示が遅いフォルダを治す

目次1 Windows10 TH1 Professional 102402 ファ …

PT3、McAfee Enterprise 8.8 Patch7 との支障は出ていない
PT3とWindows 10 Insider Preview Build 14352

お馴染みのBuildup 14352 PT3、McAfee Enterprise …

McAfee Enterprise8.8 Patch6がきちんと動作
PT2とWindows10 Build10586

Lenovo ノートPCで苦戦 新規購入した事務用ノートPCで8.1から10への …

Windows 10 Insider Preview Build 10159 Update

目次1 RTMはまだか2 Build 101303 とりあえず動くもの RTMは …

Windows10 ディスクイメージツール
Windows10 ディスクイメージツール(ISOファイルの取扱)

目次1 ディスクメディアに書き込まなくなって久しい2 標準掲載のディスクイメージ …