湘南歩楽Log

@歩楽のデイリーLog 不定期ながらB級グルメやPC関連を記録してます♫

*

ドメイン更新料を節約する ~移管は何処が低価格~

   

ドメイン移管はどこが安い

ドメインの移管先は、レンタルサーバーとの兼ね合い・サーバーの品質の関連性もあり価格が安いからという理由だけで決められるわけではない。企業のサーバーなら尚更である。

そうはいっても個人のマイナーなサイトなら、レンタルサーバーとドメイン管理会社を別々に管理できるようであるならば価格のメリットも望める。最近なら1日から3日以内で移管が終了するだろう。広告収入で潤う人気サイトならドメイン移管なんて全く気にする必要はないが、移管に伴うサーバー表示は設定後多少の時間が掛かる場合もあるから注意は必要である。Websiteが一時的に表示できないとなるなら移管する意味が無い。

ここしばらくは多忙にかまけて価格の判定を勘案してこなかった。改めて価格を見ると円安や価格高騰で1,000円未満で維持できる移管先はほとんど無くなった。

最近の移管価格

現在私のサーバー環境は、サーバー(value-domain)ドメイン(value-domain)で管理している。

2017/05/01の価格(キャンペーンを含む)
会社/対象 .com
スタードメイン 1,274円 Whois: ◯ ポイント 254
エックスドメイン 1,274円 Whois: ◯
バリュードメイン 1,253円 Whois: ◯ 制約1
ムームードメイン 993円 Whois: ◯
お名前.com 994円 Whois: ◯(有料)
FC2ドメイン 1,080円 Whois: ◯

制約1:上位レジストラGMO/KeySystems以外で管理されているドメイン

キャンペーン価格が終わると同じような価格になるんだろう。

レンタルサーバーは変更せずムームー、お名前を毎年移管していこうかなと思うのだが、GMOグループ内の制約も一部であるようなのでその範囲内ということになる。破格の価格の場合なら余所でもいいのであるが、その点はWebチェックが重要である。

 

バリュードメインからムームードメインへドメイン移管

移管の準備は、

1.Whoisを代理公開から個人登録に戻しておく

バリュードメインの場合は、Whoisに認証鍵も表示されている。自分の連絡先メールアドレスを受信可能であることを確認しておく。特に、自分の登録情報=Whois と一致させておかないとエラーを返し認証が通らないので注意が必要だ。

2.ドメインロックを外しておく

他の要件は

Fドメイン移管20 移管条件移管先での操作は簡単である。

1.移管申請 (申請時  23:00 スタート)

Fドメイン移管05 移管先での操作は簡単認証コードはそれぞれのレジストラの取得方法による。

2.トランスファー承認手続き(ムームードメイン)のお願い(メール)の応答  (23:26)

Fドメイン移管15 トランスファー承認手続3.トランスファー申請に関する確認(バリュードメイン)の連絡(メール)の応答 (24:11)

Fドメイン移管18 トランスファー申請に関する確認

4.トランスファー申請承認処理完了の連絡(バリュードメイン)(25:26)

トランスファー申請承認処理完了の連絡

5.移管費用の請求 (ムームードメイン)(27:23)

移管費用の請求

6.移管費用支払 (仮眠後 7:32)

移管費用支払

7.ムームードメインにてWhoisを代理公開に変更

8.バリュードメインにて移管したドメインをデータベースから削除

9.バリュードメインにて無料ネームサーバー設定

無料ネームサーバー設定レンタルサーバーがバリュードメインであるため、

ドメイン付随のネームサーバーから無料ネームサーバーへと設定変更したわけだ。

AレコードはレンタルサーバーのIPアドレス、以下のグーグル設定はG Suite 用なので一般向けでない記述である。

レンタルサーバーの移動がない限り、ネームサーバーは今後変動がないため自由にレジストラを移動できる。

 

まとめ

2口目のドメイン移管だったため非常にスムーズに処理できた。

移管開始から終了まで、4時間23分。

仮眠が入ったので直後のWebsiteの表示等のエラーは確認しようもなかったが、ネームサーバー入替直後でもWebsiteにはアクセスできワードプレスの下書きも出来たため特に目立った問題は起きなかったと思う。

レンタルサーバー・レジストラのメンテナンス期間を外せば、特に大きな問題は起きないのではないかと考える。

年間数百円の差なんて広告収入の見込めるWebsiteなら全く気にする必要もない費用だが、マイナー路線の我がサイトでは維持費は重要な案件なのでコスト削減で対応するしかない。

関連過去Log:

最近のドメイン更新価格確認2021
2018:ムームードメインからFC2ドメインへ移管作業

 - パソコン , ,

 

320

320

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

VMware v16.2.2の更新完了
Update:VMware Workstation」v16.2.2の更新

目次1 個人では使わない仮想化プリンティングだけど2 v16.2.2の更新3 関 …

no image
VMware Pro 仮想マシンのWindows10を更新インストールする

目次1 Windows11の更新インストール後にはいずれクリーンインストールが必 …

ストア アプリ DVDプレイヤー
Windows10 Windows DVD プレイヤー を使ってみる

Windos Media Center 代替ソフト Windows DVD プレ …

th2 release Professional 10525
Windows10 build10525 とPT3

th2 release Professional 10525 案内が来ていた10 …

解決の兆し:安定しないKB4530684-Windows10とPT2

目次1 EpgTimerによるEPG取得するだけで落ちまくったWindows10 …

Tips:Windows 11のデスクトップ壁紙の収納場所

目次1 デフォルト壁紙の収納先2 Pantone’s Color of the …

Upgrade後からは表示されるようになったライセンス表示
いつまで使える Insider Program Ver.1703

ライセンス認証の誘い Insider Program デスクトップにライセンス認 …

公開Windows11(ビルド22000.51)版 入手待ちとWhyNotWin11での確認

目次1 Windows Insider Preview Downloads:Wi …

PT3とWindows11 22H2 Dev build 22572.1

目次1 Windows11 Dev版のUpdateが繰り返され・・・2 PT3掲 …

PT3とWindows11 22H2 R Preview build 22621.317

目次1 KB5015885 (22H2 Release Preview)2 PT …