湘南歩楽Log

@歩楽のデイリーLog 不定期ながらB級グルメやPC関連を記録してます♫

*

PT3とWindows11 21H2 build 22000.51

   

仮想マシンには新規Previewユーザーにもbuild 22000.51が降りてきた

build 22000.51の正規入手経路は、Insider Program(MSアカウント登録が必要)からのUpgrade通知が頼りだけのようだ。今のところISOファイルの正規ダウンロード箇所はない。従って待つしかないのであるが、先のbuild 21996.1にてテスト中の仮想マシン版のMSアカウント分に、どうしたわけかbuild 22000.51が降りてきた。TPM2.0要件を満たしたものだけだと思っていたので、あれっていう感じだ。

Upgradeしていいものかとは思いつつ、処理進行を行う。

仮想マシン build 22000.51 通知されるただTPM2.0要件は満たしているわけでもないので、対象となったということに曖昧さが残る。いずれ、使用できなくなる要素があるという前提であるが、それはそれで面白い。

 

Buildupは何事もなく完了する。

仮想マシン build 22000.51 特に問題なくBuildupする【設定】のUIが少し変更されていて戸惑う。慣れろよ って言われているかのようだ。

仮想マシン build 22000.51 TPM2.0の要件は満たさない最近のPC機器を所有している人はTPM2.0の要件を確認中であろうが、完全なLegacyPCであるユーザーは、TPM2.0チェック回避に視点が集中しそうである。

追記:

Preview版のTPM2.0チェックは厳格ではなく、Legacyユーザーでも試用可能となっている模様。

以前から「Windows Insider Program」に参加していたユーザーに関しては「TPM 2.0」(CPUファミリー/モデル)の要件を満たしていなくても、CPUが「1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)」というCPU条件を満たしていればテスト参加ができそうだ。

 

ローカルユーザー(物理マシン)にはbuild 22000.51が降りてこない

6/29早朝よりInsider Programにアクセスしているが、ローカルアカウントユーザーには当然build 22000.51が降りてこない、当たり前か。古いMSアカウントは、ロックされている。ロック解除には電話番号が必要となるようで、物理マシンには現時点で、MSアカウントを登録したくないので、仕方がないが、ネットでこぼれたISOファイルを用意した。

ちょっと、怪しいのでテストしか使えない。入手経路(ISOファイルのダウンロードではなくて、スクリプト収集?)については割愛するが、よく分からないので後日、学習する必要がある。

テスト物理マシンは、仮インストール後LANケーブルを差さないこととする。

build 22000.51とは21H2・・・それじゃWindows10 そのまま

怪しいISOファイルを使ってみても、インストール時はきっかりTPM2.0制限が掛かる。今回は楽をしようと思って初回には、レジストリ対応策を試したが全く効果がなかった。そこで先例のファイル入替を行いISOディスクの改変にて対応した。

インストール結果後のbuild 22000.51は21H2と表記された。えー、それじゃWindows10そのものだね。各自の判定するところであるが、ちょっとガッカリな結果である。

Windows10なら年2回の大型Updateとの付き合い、Windows11なら毎回TPM2.0制限と使い勝手が悪いと感じる。Windowsの見限りユーザーが増えれば、TPM2.0による制限の撤回はあるのか・・・

2-3時間のTVtestの視聴、録画はまだ未確認であるが、PT3の初期動作は問題がない。

PT3とWindows11 21H2 build 22000.51*TVtest 0.7.23で動作確認

ライセンス○○か独占禁止法○○か

一部の国、一部のメーカーがTPM2.0回避できるというのは、逆にいうとTPM2.0制限を掛けるというのは独占禁止法には引っかからないのか?

Legacyユーザーが行うTPM2.0回避策は RTM版が出るまでには撤退しないといけないが、今後の行方が興味深い。

build 22000.51使用者としては、何時でもテスト中止・ディスクイメージの削除を視野に、こつこつと動かしていきたい。OS以上に大事なのが、Legacy資産の継承であって、新OSそのものではない。Legacy資産の継承は繰り返しになるが、Windows7+LANケーブル外しが一番コストが低い。

 

LegacyPCの熱対策

TPM2.0回避やISO入手方法が気になっていたのであるが、CPUの温度がやけに高いような気が・・・インストール直後だからかもしれないが、エアコンの外れにある私の部屋では夏が恐怖である。掃除とエアフローを再検討しないといけない。いつも低温で維持しているもんだと思っていたのであるが、生暖かい空気が部屋を漂う。

関連過去Log:

PT3とWindows11 Dev build 22449.1000
今週リリース予定のWindows11のbuildは何。buildupの準備
公開Windows11(ビルド22000.51)版 入手待ちとWhyNotWin11での確認
今週リリース予定のWindows11のbuildは何。buildupの準備
Windows 11 Leaked ISO とVMware Workstation16.1.1
なんで今頃BonDriverの初期化が出来ないんだよ!

 - パソコン , ,

 

320

320

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

なんで今頃BonDriverの初期化が出来ないんだよ!

目次1 BonDriverの初期化ができません2 PT2-Driver-400+ …

Windows10 ディスクイメージツール
Windows10 ディスクイメージツール(ISOファイルの取扱)

目次1 ディスクメディアに書き込まなくなって久しい2 標準掲載のディスクイメージ …

PT2とWindows11 21H2 build 22000.438

目次1 Windows11 21H2 build 22000.4382 PT2掲 …

TSSniper 無劣化編集ソフト
レビュー フリーソフト「TSSniper」 TS カット編集

目次1 TSSniper 無劣化編集ソフト2 インターフェース3 再生プレーヤー …

PowerShellを実行し、「Get-CimInstance Win32_WinSat」
Windows10にてWinエクスペリエンスインデックスを確認する

目次1 Windows10 Upgrade後の状況2 Windows10にてWi …

Tips:Ubuntu22.04LTS lvmの拡張をする

目次1 PT3用にきちんとパーティションを管理する2 ディスクの確認3 割当(拡 …

KB3074678、KB3074681
Windows10 自動サインインを有効にする

目次1 Windows10 TH1 Professional 10240 最新I …

レビュー VMware WorkStation 17.0でWin22H2をクリーンインストール

目次1 VMware WorkStation 17.0.0のリリース1.0.0. …

PT3とWindows11 22H2 build 22621.755

目次1 カード類のメンテに合わせてKB5018496によるUpdate2 PT3 …

TVtestエラー5-2  (KB4013429)をアンインストールしてTVtestが可能になる
TVtest ハングアップ 累積的な更新プログラム (KB4013429)

目次1 今頃なんで今更2 Microsoft DTV-DVD Decoder 使 …