湘南歩楽Log

@歩楽のデイリーLog 不定期ながらB級グルメやPC関連を記録してます♫

*

PT3とRaspberry Pi 5 (Debian Bookworm)

   

PT2とWindows11 23H2 build 22631.3374

2023年の暮れに熱感染症を患った。自宅での抗原検査は陰性であったが、軽症であるが故に医療機関には出向かず自宅療養をした。

そのためか家族に感染を広げてしまう。皆、軽症。インフルエンザ並であることが良かったのかどうか・・・生涯の免疫獲得はないということなので、年1回の予防接種は今後も必要だろう。

小生の場合、1日高熱だけで2日安静にしていれば体躯は落ち着いた。しかし、文章を綴るのが億劫・記述の結論と文章校正が苦痛というか、まるで出来なくなっていた。それを後遺症というのか、老齢化 or 本来の自分なのか・・・

もはや4月、そろそろリハビリの開始としよう。

wallpaper_1920x1080-23H2

さてWindows。Windows12は金にならないからAI需要に特化していくのかな。

22631.3374なんていっても、只のWUに過ぎない・・・ LegacyハードPC側では見て取れる。

 

AI Chatなんて使い始めたら、駄文が書けないじゃないのか?

文章は誰が書いても似たり寄ったりな表現に、著作権侵害を通り越して、巧妙な詐欺や犯罪に使われる方が多くなるのでは・・・

PT2とWindows11 22631.3374
PT2とWindows11 23H2 build 22631.3374

AI関連はともかく、 Windows仕舞いの準備を怠らないようにと思っている。

Raspberry Pi 5 (Debian Bookworm)とPT3

小生にとってRaspberry Pi 5 がはじめてのSBCである。エンドユーザーなのでSSH接続やターミナル(端末)操作というよりも、Desktopが無いと使えない。

教科書がないのに時間と小遣いを浪費しているという事実よりも、PCI Express(PCIe)接続に対応しているのならPT3は動く!はずとの思いが強かった。

技適認証・PSEマーク掲載や【dtparam=pciex1_gen=3】の記載有無が巷の関心事になっていることを横目に、トライアンドエラーが続く。

だってRaspberry Pi 5用のPCIe拡張ボード(3種類所有いずれも)を差せば、何もせずにPT3が認識するのだから無理もない。

raspTester@raspberrypiSS:~ $ lspci
0000:00:00.0 PCI bridge: Broadcom Inc. and subsidiaries Device 2712 (rev 21)
0000:01:00.0 Multimedia controller: Altera Corporation Device 4c15 (rev 01)
0001:00:00.0 PCI bridge: Broadcom Inc. and subsidiaries Device 2712 (rev 21)
0001:01:00.0 Ethernet controller: Device 1de4:0001

どうしてドライバーが入らない どのソースコードをコンパイルするのだ??

raspTester@raspberrypiSS:~ $ ls -la /dev/pt3*
ls: ‘/dev/pt3*’ にアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません

本家ドライバーor野良ドライバー etc エンドユーザーには荷が重い

raspTester@raspberrypiSS:~ $ dmesg | grep -i pt3
[ 6.938234] pt3_drv: loading out-of-tree module taints kernel.
[ 6.938825] PT3: pt3_drv 0.0.1rev120 2023-07-01
[ 6.938973] pt3_drv 0000:01:00.0: enabling device (0000 -> 0002)
[ 6.939001] PT3: Bus Mastering Enabled.
[ 8.789377] PT3: device[0]=0000000000000000
[ 8.789760] PT3: fail allocate consistent. 0
[ 8.789766] PT3: fail create dma.
[ 8.789805] pt3_drv: probe of 0000:01:00.0 failed with error -5

error -5ってなんだ! 入るようで動作しないドライバーに落胆していた。
スポンサーサイト
amazon タイムセール    amazon basics

 

大概の情報はUSBタイプのTVチューナーであったり、x64(x86)でのLinux環境であったりとArm系チップとPCIeの情報は少ない。記載があっても古典的な基礎理論が中心で環境が違えば、エンドユーザーには珍紛漢なのだ。手慣れたUbuntuでも認識できず、

うっすらと埃が目立つようになったRaspberry Pi 5基板にきちんとアクティブクーラーを取り付けて、ネット情報を頼りにカーネルコンパイルすればRaspberry Pi 5用ドライバーが出来上がるということのようである。

要はPT3のドライバーさえ入ってしまえば、結果的には現在の録画環境=Ubuntu22.04LTS(x64)+PT3+Docker-EPGStationの導入方法と何ら変わらない。

Chaina HatにPT3を載っけてみる
Chaina HatにPT3を載っけてみる安定すれば記録メディアはHDDに変更していくのであるが、細かなエラーが出た場合は修正がなかなか小生には出来ないので、クローンコピーが簡単なUSBメモリを利用しつつテストを行っている。

小生のRaspberry Pi 5+PT3環境 覚え書き(初期動作版)
Hardware:

Raspberry Pi 5B 1.0 / 8GB (SC1112) (技適マークの表示はパッケージにあるため箱は捨てずに所持)
SHCHV Model:XS-GeN-27WUSB-C Power Supply US (PSE認証なし)(純正Power Supplyは予備・・・)
HatDrive! Bottom (NVMe 2230, 2242, 2280 GEN 3) for Raspberry Pi 5 (送料高額、Made in Cn製で十分)
Cruder Glide 3.0 256GB (boot USB メモリー) SanDisk Cruzer Glide 256GB USB 3.0 Flash Drive
Rraiser nvme-pci-ex4カード拡張ポートアダプター(HOMAJA AC4587, Made in Cn) 購入当初は怪しいと思っていたが動作中。
USB3.0Hub (USB2.0群を接続)
PT3 Altera Corporation Device 4c15 (rev 01)

*上記の校正ではPT3に外電源は必要ない

PT3-Raspberry Pi 5 導入ハード

Software: (開発関係者に改めて敬意を表します)

Debian GNU/Linux 12 (bookworm)
Docker version 20.10.24+dfsg1, build 297e128
Mirakurun 3.9.0-rc.4
EPGDtation v2.7.3 EPGStation v2.7.3
samba Version 4.17.12-Debian

*PT3ドライバーは Kernel Configuration内 Media PCI Adapters →Earthsoft PT3 cardsとMultimedia support 内 DVB関連を一応チョイス(不要かも)してカーネルコンパイルを行い有効化する。

参照 https://www.raspberrypi.com/documentation/computers/linux_kernel.html

なおコンパイルしたドライバーを利用することで、Mirakurun-EPGDtationがスクリプトインストールが可能となり、Ubuntu版PT3と同様に各個別インストールする必要は無かった。

 

雑感

小生の場合時間を浪費した。識者や先駆者ならRaspberry Pi 5用ドライバーなんて瞬く間に準備できるのであろう。

Ubuntuでも同じようにしてカーネルコンパイルしドライバーを用意するのかどうかはやってみないと分からないが、小生には途方も無く時間が掛かるので出来ればUbuntu版はどなたかの結果を参照したい。

PT3とRaspberry Pi 5 2024導入時のインストール備忘録は未定。

それと、PCIeとM.2の変換ボード(hat)やPCIe拡張ボード(ライザーカード)は多数有り、組み合わせは無限だ。国産に拘る必要は無いし、もはや国産メーカーも少ない。(AliやAmazonで購入すれば足りる)というか電車賃なり送料が掛かるわけで近所ならともかく電気街を回る必要もない。

*hatの場合、M.2SSDなら認識の有無、特に【dtparam=pciex1_gen=3】を設定すると動作不良となることからシビアにチョイスしないといけないようであるが、PT3の認識率は高いと思われる。そもそもサポートがないPT3に高額な国産メーカーの備品を購入する必要は無いと思っている。またPi5にはPCIeラインが1本しかなのでM.2を掲載したPi5も別途用意しデスクトップ環境を整えている。

後は記録メディアをHDDにすることと、最後は収納である。テスト中はゴツいHDMIケーブルやCATVケーブルやPT3自体の大きさもあるので床置き=不便なのであるが、運用するようになったらプラケースやらトイBoxに纏める方法を予定している。

宿題は一杯あって、FFMpeg周りとWine関連。エンコードは無理にしなくてもいいのであるが、やはりサイトー企画のSoftware群は使いたいが、Wine8.0ではx86環境が入らない。

稼働3日経過し現実的にエラー(エラーログは未確認)が発生していない。

PT3はPi5で運用が出来そうだ。

この際、x64+PT3環境は一気にArm版に変更するか・・・

Arm系チップのSBCではUSBタイプのTVチューナーが必要というのが習わしであったが、(未使用分を含めて)PT3の延命が決まった!

予算上中華N100 PCも選択肢ではあるが非Intel派の小生には興味も無くむしろ、Raspberry Pi 5B 2.0とかRaspberry Pi 6B 1.0の出現を既に待ち望んでいる。

どんなPCメーカーもメイン記憶装置はM.2SSDになるわけで、Raspberry Pi の開発者であってもPCIe拡張は当然考えているものと推定したい。PCIeライン2本とか・・・

 

x86の時代の終焉という一説も有り、やはりArm系チップに慣れておく必要がある。将来Raspberry Pi からPCIeの対応を止めるとなったら困惑するが、AMDもそろそろArm系チップを準備するであろうし、小生もArm系チップへのデスクトップ移行を検討することとなる。

Pi5+PT3が成り立ちそうなので、今後はWindows12+PT3は取り扱わない。Canary Channelは build 25967.1000にて終結。

スポンサーサイト
amazon タイムセール    amazon basics

動作確認動画

取り急ぎの(単なる退屈な)動作確認映像・ピクチャである。音声・解説はなし。各個、自己責任でチャレンジされたし。

HatDrive! Bottom (NVMe 2230, 2242, 2280 GEN 3) for Raspberry Pi 5は不要です。中華Hatが2枚購入出来てしまう・・・

 

関連過去Log:Ubuntu関連

Tips:【Ubuntu Server 22.04 LTS】とWine8.0
Tips:【Ubuntu Server 22.04 LTS】CDリッピングとCDDB
Tips: Ubuntu 22.04 +PT3 時間指定による自動(復帰)起動:at+rtcwake
Tips:【Ubuntu Server 22.04 LTS】時間指定による自動復帰:rtcwake
Tips:【Ubuntu Server 22.04 LTS】Thunderbirdをアンインストールする
Tips:【Ubuntu Server 22.04】有線Lan接続「管理対象外」表示を修正する
Legacyハード-マザーボード~交換装填が完了~起動の確認と内部データの取り出しは繰り延べ中
Tips:Ubuntu22.04LTS CtrlとCapsLockキーの入替
Tips:Ubuntu22.04LTS テキストファイルを簡単にroot編集する
Tips:Ubuntu22.04LTS lvmの拡張をする
Tips:Ubuntu22.04LTSにClamTK6.14をインストールする
Tips:フォルダ共有 Ubuntu22.04 LTSとWindows11
メモ:物理PC Ubuntu22.04 LTSにPT3環境を設定してみる
Tips:新たなデスクトップを用意する Ubuntu Desktop 20.04.3 LTS

関連過去Log:PT2

PT2とWindows11 build 22631.2715
PT2とWindows11 23H2 build 22631.2506
PT2とWindows11 build 22621.2134
PT2とWindows11 22H2 build 22621.900
検証:PT2と先行RTM候補 Windows11 22H2 build 22621.382
PT2とbuild 22000.832

関連過去Log:Windows関連

Tips: Windows版 FFmpeg6.0を使用する
復習 VMware17 仮想マシンの仮想ディスクを縮小する
Tips:Windows11 Defenderをコマンド操作する 22H2
Tips:Windows Updateが止められないのでコマンド対応する-Tiny11
メモ:Tiny11builderを使ってみた
メモ:Tiny11 b1をアクティブにしてみた
Tips:デバイスのセットアップに関する通知をオフにする 22H2
レビュー VMware WorkStation 17.0でWin22H2をクリーンインストール
Tips:今さらながらTVtest ver.0.10をTSファイル再生のメインに据える
Tips:フィッシングに対する保護
メモ:Windows 11 2022 UpdateとVM仮想PC 22000.978
Legacy ZENBOOK UX21E も 22H2 22621.521へ
Tips:記録終了しなかった中間 (MDT) 動画ファイルを修復する
Tips:WINDOWS 10で0X800706BEのエラー対等 (KB5012599)
Tips:HotSwap! Version 6.3.0.0 on Windows11
Tips:Windows 11 日付や時刻がずれる場合の対応(NTPサーバー変更等)
Tips:Windows 11のデスクトップ壁紙の収納場所
VMware Pro 仮想マシンのWindows10を更新インストールする
Tips:Windows11 VMware仮想PC vTPMからソフトウェアレベルTPMに変更する
Tips:VMware仮想PCのレガシーBIOSモードをUEFIモードへ変更
Tips:Windows11 VMware仮想PCにvTPMを組み込む
なんで今頃BonDriverの初期化が出来ないんだよ!
Tips:Windows11の起動時にスタートアップ-アプリを追加する
Tips:Windows11の自動サインインの設定

関連過去Log:PT3

PT3とWindows11 build 25967.1000
Ubuntu 22.4 LTS+Docker (20.10.21)+mirakurun(3.9.0-rc.2) + EPGStation(v2.6.20)で運用中
PT3とWindows11 build 22621.1413
PT3とWindows11 build 22621.1344
PT3とWindows11 22621.963
PT3とWindows11 22H2 R Preview build 22621.317
メモ:物理PC Ubuntu22.04 LTSにPT3環境を設定してみる
PT3とWindows11 22H2 R Preview build 22621.105
PT3とWindows11 21H2 build 22000.282

 - パソコン , , ,

 

320

320

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

PT3とWindows11 Dev build 22449.1000

目次1 開発BuildってRTM版とはどういう関係?2 PT3とWindows1 …

KB3074678、KB3074681
Windows10 自動サインインを有効にする

目次1 Windows10 TH1 Professional 10240 最新I …

より安定すればなおさら、安心
出た McAfee 7 VirusScan Enterprise 8.8 Patch7

VirusScan Enterprise 8.8 Patch6 は Window …

th2 release Professional 10525
Windows10 build10525 とPT3

th2 release Professional 10525 案内が来ていた10 …

PT2とWindows11 build 22621.1485

目次1 プレビュー更新KB5023778のUpdate1.1 Some alle …

VMwareとWindows11 build 22468.1000 on Legacy物理マシン

目次1 Buildup更新インストールができるのか2 What’s new in …

2019:VMware Player と Device/Credential Guard

目次1 Windows10 Ver.1903とVMware Player2 グル …

Tips:新たなデスクトップを用意する Ubuntu Desktop 20.04.3 LTS

目次1 Windowsは肥大化してくるし、CPU足切りが既定路線化するみたいだか …

Tips:Windows 11 日付や時刻がずれる場合の対応(NTPサーバー変更等)

目次1  あれ!録画がされていない2 Ubuntuのシステム時間設定変更3 De …

Windows10 PTx BonDriverの初期化ができない等問題の切り分け

目次1 PTx1ヶ月病2 1ヶ月病対策3 当方の現況4 新ドライバー で対応して …