湘南歩楽Log

@歩楽のデイリーLog 不定期ながらB級グルメやPC関連を記録してます♫

*

散歩道 2023.11月のツグミとウソ

   

今のところは暦通り

長くて暑かった夏の影響がないのか身近な冬鳥は暦通り、散歩道に姿を現している。

ノビタキは疾うに去ってしまい、10月下旬にはジョウビタキ、11月初旬にはツグミがちらほらとするようになった。シロハラの地鳴きも聞こえてくる。

雄ジョウビタキは既に小生を楽しませてくれている。おそらく去年と同じ個体であろう。

今回は支流のほとりで雌ジョウビタキを狙ったのであるが、カメラを準備しているとサッサと何処かへ行ってしまった。待機したものの待ちぼうけとなり、ヒヨドリの喧騒を嫌って帰宅しようとした。

野ブドウとツグミ

ピラカンサの実の前で雌ジョウビタキを待っていても、付近にはヒヨドリが野ブドウを漁りに縄張りを主張しているようで騒がしい。

野ブドウはやや実が大きすぎるのか・旨くないのかジョウビタキは食せず、集まるのはオナガ、ヒヨドリ、カワラヒワぐらいだろうか。結局ヒヨドリがメインとなるのであるが、それでいてあまり人前は苦手のようで食せずに行ったり来たりと騒ぐだけである。

帰宅しようと小生も注意散漫となっていたのか確認が遅れる。ヒヨドリに混じってツグミ(Dusky Thrush)も野ブドウにやって来ていた。

慌ててカメラを向ける・・・

2023年11月中旬 野ブドウとツグミ その1
2023年11月中旬 野ブドウとツグミ その1ヒヨドリは意外にもフライイングキャッチが出来るのであるが、ツグミは出来ないらしい。

 

蔓に捉まりながら羽をばたつかせながら姿勢を保っているが、そうすると熟れた野ブドウが蔓から溢れていく。

 

2023年11月中旬 野ブドウとツグミ その2
2023年11月中旬 野ブドウとツグミ その2何とかファインダーに入った。

蔓先が細く葉被りが残念!

鉱物色の野ブドウは美味くないだろうと思うのだが・・・

 

2023年11月中旬 野ブドウとツグミ その3
2023年11月中旬 野ブドウとツグミ その3

カメラを右側へ少し移動したら、こちらが丸見えとなって採食を止めてしまった。

既に満腹になったか・・・

 

食休みをするために近所の立木でしばらく留まっていたが、元の野ブドウには戻ってこずに自分のテリトリーへと帰っていった。

ヒヨドリも小生を嫌ってか、次の補給場所へといつしか姿を消す。残念ながら雌ジョウビタキはこの水回りでは、今年縄張りを主張しないようである。

散歩道にウソ

水辺の雌ジョウビタキを諦めて、森の広場へ雌ジョウビタキを求めて歩を進める。メインはヤマガラの確認であるが、厳冬期でもないのでなかなか地面に降りてこない。

赤い実が少ないエリアではあるが、たまに此処にも雌ジョウビタキがやって来る。ジョウビタキを待つこと小一時間、何だかピンク色のシジュウカラが目に止まる。

ファインダーに入らない・・・そそくさと梢から離れていく。それで地面に降りて、草の種や穂を食べてる。

2023年11月中旬 散歩道のウソ
2023年11月中旬 散歩道のウソウソ単体、群れは居ない。

もう少し近づこうとしたら、ああっ

別の散策者がやって来てしまって広場から森の中へ移動してしまった。

かなり心残りである。

 

ウソ (Eurasian Bullfinch)

スズメ目アトリ科ウソ属

生態・生息環境

漂鳥・冬鳥として全国の平地から高山地帯、針葉樹林、落葉広葉樹林、針広混交林、草地などに生息する。

特徴

全長16cmほど

繁殖期には見かけないが、冬季では低地に降りてくる。早春にはウメやモモ、サクラ等の花芽を食すため、市街地や公園でも散見できる。

習性

本州中部以北の亜高山帯の針葉樹林で繁殖、5~7月に針葉樹の枝の上に枯れ枝などを使って椀形の巣を作る。非繁殖期には低地の林にも生息するし、非繁殖期は10羽ほどの小集団の群れを形成する。

食性は、木の芽や実、昆虫、果実など(春に木の実や芽、繁殖期に昆虫のガの幼虫やクモ、秋ではナナカマド等の果実)

 

低地の湘南地区では目撃情報が少ないので何処に行けば会えるのかが不明で、特定の公園に出没するということもない。もちろん林道や丹沢・箱根方面へ出向けばヒット出来るのかもしれないが、どうも地元では居所が曖昧である。

翌日同時刻に出向いてみても、再度拝めることは出来なかった。普段からこの地に生息しているのか、偶々休憩に寄ったのか、よく分からない。

今まで見過ごしていたのか、それとも再訪してくれるのか、混群の通過が頼りの散歩道であるからそれはそれでウソは大歓迎である。

 

関連過去Log:

散歩道 原っぱのノビタキ 2023
散歩道 真夏の歩道-ツバメ達
散歩道 2023年春 駆け引きするイソヒヨドリ
散歩道 モズと親しむ
散歩道 逃げないヤマガラ
散歩道 駐輪場のイソヒヨドリ
散歩道 河津桜とメジロ 2023
散歩道 さらばルリビと言おう
散歩道 木の葉返しのガビチョウ
散歩道 電柱のヤマガラ
プチ遠征 県央の公園 シメ
散歩道 日なたのアオジ
散歩道 河津桜のヒヨドリ
散歩道 近寄ってきたヤマガラ
散歩道 居残る? ジョウビタキ
散歩道 通りすがるカシラダカ
散歩道 喜憂のヒヨドリ
散歩道 トウネズミモチと野鳥
散歩道 トウネズミモチのツグミ
散歩道 地面のヤマガラ
西部域の公園 ツグミ
引地川のほとり モズのカップル
森の散歩道 ハイタカが通る
いつもの散策 久々のイソヒヨドリ
森の散歩道 ヤマガラが少ない?
支流のほとり ルリビタキとジョウビタキ 2023年1月
相模原公園 ダイナボアーズとジョウビタキ
県央K公園 モズ
プチ遠征 県央の公園 アオゲラ
西部域の公園 ジョウビタキ
森の散歩道 ルリビタキ メスタイプ
小出川のほとり ノスリ
森の散歩道 ヤマガラ まだ樹上
森の宿題 ルリビタキの探索
森の散歩道 ノスリ立ち寄る
散歩道 藪のアオジ
森の散歩道 タレント忍者 エナガ
森の散歩道 アオゲラ
引地川の冬鳥が減少している?
Sundayトライアルチャージとルリビタキ
日曜日はルリビタキ?・・・+トライアルチャージ
2022年12月 引地川辺りの冬鳥
2022年11月 ジョウビタキと戯れる
2022年10月 ジョウビタキの渡り
2022.10月 地元の原っぱでノビタキと遭う

 - 外出 , , , ,

 

320

320

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

散歩道 電柱のヤマガラ

目次1 冬は終わった2 電柱のヤマガラ3 駐輪場のイソヒヨドリ4 関連過去Log …

河津桜を独り占め~ヒヨドリ~
巷にはヒヨドリがあふれている

目次1 冬鳥の気配が消えて・・・2 ヒヨドリをメインに被写体としている人は居るの …

洞の水場・・・メジロ
引地川のほとり 杜の一角 洞の水場

目次1 冬の季節 野鳥にとっての水場2 水場があったとしても3 楽鳥散歩記録 2 …

2022年10月 ジョウビタキの渡り

目次1 大挙で渡ってきたのか?2 ジョウビタキ (Daurian Redstar …

散歩道 河津桜のヒヨドリ

目次1 何処でも出没するヒヨドリ2 河津ヒヨ桜3 関連過去Log: 何処でも出没 …

散歩道 日なたのアオジ

目次1 暗い林の中では2 日向のアオジ3 関連過去Log: 暗い林の中では 混群 …

散歩道 近寄ってきたヤマガラ

目次1 混群も地面付近に2 混群の一員であるヤマガラ3 関連過去Log: 混群も …

善行神社 例祭
お祭り

善行神社 例祭 2016/10/02 買いもん終わって帰宅時祭りに遭遇。路駐して …

湘南の河津桜が咲く 2023年

目次1 寒風の河津桜2 カラ混群内のコゲラ3 関連過去Log: 寒風の河津桜 や …

散歩道 さらばルリビタキと言おう

目次1 雨の降る日をまって さらばルリビと言おう2 今冬(2022年シーズン)の …