湘南歩楽Log

@歩楽のデイリーLog 不定期ながらB級グルメやPC関連を記録してます♫

*

散歩道 木の葉返しのガビチョウ

   

木の葉返しの野鳥

Web検索で【木の葉返し】を調べると、シロハラの技という記述が多い。

確かにそうなのだろうが、小生の散歩道ではいろんな野鳥が木の葉返しをしている。

ヤマガラ、ツグミ、カラス、シロハラ、アオジ、シジュウカラ、ムクドリ、キジバト・・・というか、節足動物やミミズ綱を食する野鳥は大なり小なり行うのである。ミミズを食べたくなったらルリビタキでも行っている。

残念ながら散歩コースにいないトラツグミやアカハラの木の葉返しは見たことがないし、キジ、コジュケイ、ビンズイやウグイスなど薮の中にいる野鳥の木の葉返しも見られない。

散歩道 ルリビタキの休息 2022年12月下旬 その4
散歩道 ルリビタキの休息 2022年12月下旬 その4散歩道でのルリビタキシーズンは終わってしまった。青ルリの出現ピークは短い・・・

 

ミミズ自体はタンパク質、ミネラル、各種ビタミン、繊維質が豊富、オメガ6と3に良質脂肪酸も含まれていて、ヨーロッパ食品安全委員会ではVers de farine(粉ミミズ等)の食用が許可されているとのこと。従って、魚類や鳥類だけではなくほ乳類にも適した餌(食材)なのである。

というのは、冬場の森でミミズを見つけた野鳥は必ず食べる(残さない)からである。

個体に合わないサイズのものは危険なので口にしないだろうが、ルリビタキでさえ見つけた2匹のミミズを残さずタイミングを計りながら丸呑みするのである。平凡であるが貴重な餌なのである・・・・・・

・・・かなり脱線した・・・

散歩道 木の葉返しのガビチョウ

鳥待ちをしていると、

木の葉返しの音が聞こえてきた。シロハラがミミズを探しているのかと音の方を探してみると、ガビチョウであった。

散歩道 木の葉返しのガビチョウ 2023.02.16 その1
散歩道 木の葉返しのガビチョウ 2023.02.16 その1英名:Chinese hwamei 特定外来生物でありヒタキ科の野鳥である。

 

散歩コースにいつの間にか定着して、鶯とは違った美声を響かせてはくれる。しかし、やや図体が大きくヒヨドリクラスなので小さな野鳥には餌取りに関し、難敵である。

人慣れしたガビチョウというのを知らないので、実は多くを知らない。薮にいることが多いためだが、付近の公園には何処にでも居るようで繁殖力があるのであろう。

(将来)ガビチョウだらけの薮がいいのか悪いのか・・・

鶏の鳴き声よりも遙かにメロディアスなので、あの美声は侮れないのだ。

一生懸命に落ち葉返しをしている。獲物は見つからないようだ・・・

一瞬静かになった。

散歩道 木の葉返しのガビチョウ 2023.02.16 その2
散歩道 木の葉返しのガビチョウ 2023.02.16 その2捜し物はミミズではなくて、意外にもドングリであった。

 

・ミミズを探したけれど、ドングリしか見つからなかったのか

・初めからドングリ探しなのか

 

そういえば今年1月だったか、ドングリを割って採餌するガビチョウを撮っていた気もしたが・・・

どうも動画の整理が出来ていないようだ。

 

関連過去Log:

散歩道 電柱のヤマガラ
プチ遠征 県央の公園 シメ
散歩道 日なたのアオジ
散歩道 河津桜のヒヨドリ
散歩道 近寄ってきたヤマガラ
散歩道 居残る? ジョウビタキ
散歩道 通りすがるカシラダカ
散歩道 喜憂のヒヨドリ
散歩道 トウネズミモチと野鳥
散歩道 トウネズミモチのツグミ
散歩道 地面のヤマガラ
西部域の公園 ツグミ
引地川のほとり モズのカップル
森の散歩道 ハイタカが通る
いつもの散策 久々のイソヒヨドリ
森の散歩道 ヤマガラが少ない?
支流のほとり ルリビタキとジョウビタキ 2023年1月
相模原公園 ダイナボアーズとジョウビタキ
県央K公園 モズ
プチ遠征 県央の公園 アオゲラ
西部域の公園 ジョウビタキ
森の散歩道 ルリビタキ メスタイプ
小出川のほとり ノスリ
森の散歩道 ヤマガラ まだ樹上
森の宿題 ルリビタキの探索
森の散歩道 ノスリ立ち寄る
散歩道 藪のアオジ
森の散歩道 タレント忍者 エナガ
森の散歩道 アオゲラ
引地川の冬鳥が減少している?
Sundayトライアルチャージとルリビタキ
日曜日はルリビタキ?・・・+トライアルチャージ
2022年12月 引地川辺りの冬鳥
2022年11月 ジョウビタキと戯れる
2022年10月 ジョウビタキの渡り
2022.10月 地元の原っぱでノビタキと遭う

 

 - 外出 , , ,

 

320

320

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

2022年11月 ジョウビタキと戯れる

目次1 穏やかな11月2 いつまでこのエリアに居るんだろう3 関連過去Log: …

公園 ターゲット4のルリビタキ 2023.01.○○
森の宿題 ルリビタキの探索

目次1 山間部への憧れ2 ヒタキ ターゲット2および33 西部域の公園 ヒタキ …

引地川のほとり 2021年秋 みんなのカワセミ

目次1 散歩コースの野鳥2 Yエリアのカワセミ3 引地川のほとり 2021年秋  …

杜の片隅 コジュケイ
引地川 支流のほとり コジュケイ

目次1 見知らぬ鳥・・・コジュケイ1.0.0.1 コジュケイ(小綬鶏)・・・2 …

引地川のほとり コサギの狩 静と動

目次1 地元での日常の野鳥2 土砂撤去のための工事の影響はあるの?3 コサギの狩 …

散歩道 電柱のヤマガラ

目次1 冬は終わった2 電柱のヤマガラ3 駐輪場のイソヒヨドリ4 関連過去Log …

引地川のほとり 湘南宿カワセミ

目次1 工事の影響で散歩道のサギが移動してしまった2 人懐っこい個体を探して3 …

支流のほとり ルリビタキ 2023年1月中旬 その3
支流のほとり ルリビタキとジョウビタキ 2023年1月

目次1 平野部でも水道管が凍る寒波2 ジョウビタキとルリビタキも近い3 関連過去 …

散歩道 地面のヤマガラ

目次1 混群に属さないヤマガラ2 ヤマガラは何の実を食べているのか3 関連過去L …

黄色系統の銀杏は今でも鮮明
銀杏で見納め

今年は都市部でも寒暖差があり、多少紅葉が見物できたがどうも赤系統が最近宜しくない …