湘南歩楽Log

@歩楽のデイリーLog 不定期ながらB級グルメやPC関連を記録してます♫

*

検証:PT2と先行RTM候補 Windows11 22H2 build 22621.382

   

RTM候補22621.1関連

大型アップデート「Windows 11 Version 22H2」を9月20日にリリースする予定と各非公式Windows系情報サイトから発表となっている。

本家は未発表であるが否定はしていないのでそのまま段階的に、配布予定となるのだろう。
Windows11wallpaper_1920x1080 22H2
既にRTM候補は非公式ながら22621.1とも言われているが、Windows11_InsiderPreview_Client_x64_en-us_22621.isoなどはsetup.exeの作成日時が2022年5月7日18:07となっていた。

試しにUUP dump版 build 22621.382 【Windows 11, version 22H2 (22621.382) amd64】8月9日版によるISOファイル構成(22621.1.220506-1250.NI_RELEASE_CLIENTPRO_OEMRET_X64FRE_EN-US.ISO)を確認してみた。setup.exeは、2022年5月7日9:22と表示され時間的な差違は兎も角、ベースは5月7日と同一でありこれがRTM版とするなら各PCメーカーは9月20日以後PCの出荷はできるわけだ。

MS本体が未発表なのは重大なバグ取りの調整やPCの年末商戦に間に合えば良いわけである。むしろ時期が来たら、取りあえず配布します・・・ということらしい。

どう足掻いたところでエネルギー問題や物価・半導体不足という状況下では商戦の起爆にはならないのは自明である。

ひいては各PCの消費電力が現状のままでよいのか、それともArm版PC(Windows等)へシフトしていくのかという点は気になるところであるが、【Pluton】が前提であるため少なくとも5-6年はLegacyハードが朽ちるまで小生の場合は現状維持に変わりはない。

22H2とは

結局、大型UpdateとはいうもののWindows PC により視覚的な一貫性を持たせるということで、UI再改訂とTPM2.0継続と啓蒙という1年弱の開発期間となった模様だ。

段階的Legacyユーザーの排除という点を除けば、

  • App folders in
  • Start menu
  • Resizable pinned area in Start menu
  • Drag and Drop on the Taskbar
  • Focus Assist integration with Notification Center
  • New “spotlight” wallpaper feature
  • New Voice Access accessibility feature
  • New Live Captions accessibility feature
  • New gestures and animations for touch users
  • New snap layouts bar when moving app windows
  • New Task Manager app
  • New “Suggested Actions” feature when copying dates/numbers
  • Tabs in File Explorer
  • Better OneDrive integration with File Explorer
  • Numerous UI improvements and consistency updates

が22H2の主要な改良点となるのだろう。詳細は各テクニカルライター・電脳記者諸氏の解説を拝読されたし。小生は全く興味がない。

ユーザーは、MS発行ISO をダウンロードするか、 Windows 11 インストール アシスタントを使用するか、Windows Update若しく特定dll変更などをしてUpgradeすることになる。(自己責任という範疇)

 

RTM候補22621.1とKB5016632 (22H2 )

PT2掲載機は現況、22H1 22000.856で運用している。過去の買取ソフトウェアであるATOK、Adobe CSやLightroomを使用中であることから、このソフト群が動作できる環境は維持する必要ある。仮想に押し込めるとパフォーマンスが半減してしまうため、そのまま物理PCで使用するのが効率的だ。また現時点でのハードのUpgradeの必要性も全くない。

必然的にWindows11のサポート切れになるまで使用を継続するわけだ。Legacyハードユーザーの切り捨てを目的としたWindows Updateの制限が加わったとしても、個別対応すれば特に支障はないだろうと推測している。

9月期の月例Windows Updateがあるものの

・PT2掲載機(本機)build 22000.832 での運用に全く支障がないこと(乱暴だがbuild 22621.382と大きな違いは無い)
・PT3掲載機での22621.382(Ubuntu22.04.1LTSによるPT3利用によるtsファイル作成を含む)でのTVtestに動作上の問題が出ていないこと(なら、PT2も動作する・・・)
・なにがしかのLegacyハードユーザーの排除を事前に回避しておきたいこと
・Build 22621.382 PT3掲載機(ローカルアカウント)ではライセンス認証がアクティブ(正式ユーザー)であること
・新たなるエネルギー問題や紛争に絡む事情で9月20日以降Websiteの混乱を回避しておくため(多くのユーザーはWindows11に関心が無いものの・・・)
・Windows11のリカバリー不能時におけるライセンス認証の喪失は気にしていないこと(7・10からUpgradeすればいいだけのこと、最悪購入すればいい)
・バックアップシステムが常に保管されていること
・22H2リリース版のBuildが22621.400以降若しくは22622.1以降となっても差違は極小さいこと

単なる御託となってしまったが上記の理由で(本機)build 22000.856を先行Upgradeして22621.382にすることにした。

備忘メモ

配布ISOでは何の面白みもないため、

22621.1.220506-1250.NI_RELEASE_CLIENTPRO_OEMRET_X64FRE_JA-JP.ISO UUP dump版 (自己責任の範疇、上段の日本語ローカル版)を構成、解凍、virus検知、特定dll変更、インターネット遮断してSetup.exeを実行した。ネットを経由してUpgradeすると、何かと制限がある模様、当然当方の情報も確認されることだし、遮断していてもUpgradeは進行する。

特定dll変更の利点は、MS製のファイルであるため逸脱感がないことだ。

さて上記のISOファイルを使用してもネット遮断しているせいか、Upgradeは22621.1で一旦立ち上がる。Build22621.382にするためには、KB5016632をインストール必要があった。

KB5016632の追加インストール

まあ、個人ユーザーなので小生の中ではWindows10に戻すという発想はない。UIの変更が常に起こるので使いづらいが、一言すればWindows11はTPM2.0を付けたWindows10である。

とするとWindows12とは【Pluton】チップが必要なWindows10となるんだろうか。

そもそもMicrosoftアカウント(一部利用)、One drive、Office365やその他のサブスクリプションなどMicrosoft系サービスは便利とは思えていない個人ユーザーなのであるから、MS側からはもはやユーザーではないと思われても仕方がないのだろう。

小生にとってもWindows11が最後のPC Desktopとなる可能性が高い。

PT2掲載機(Legacy)と22H2 先行build 22621.382 (TVtest x86 0.7.23による確認)

Windows11+PT2をLegacyハードで動作させるのは問題がない。そもそもPT3掲載機も安定動作しているのであるから、同系のドライバーを使用するPT2が動作不能となるのは考えにくい。

後は配布される22H2を待つだけであるし、差違も僅かであろう。

TVtest x86 0.7.23による確認
22H2 先行build 22621.382 (TVtest x86 0.7.23による確認)

TVtestは普通に動作するし、ATOKやAdobe系ソフトウェアも影響はない。Insider Programからは除外されてしまったが、LegacyハードによりWindows Update制限は今のところはない。

Insider Programからは除外されてしまった

こうやって使用できるはずなのに、故意に制限を加える。

ライセンス認証ではアクティブ状態となっているLegacyユーザーを本気でWindows11から外すとは考えにくいが、以後ビジネスモデル化は避けられないということか・・・

Ubuntuをメインに使っていけばいいわけだし、学習もしよう。ただ、ClamTKだけでは心許ない。Linux版のAntivirusソフトウェアの有料個人版をソフト屋さん、作ってくれないかな。

まあ気楽にやっていこうや。

備忘記録動画:PT2掲載機に先行RTM候補 Win11 22H2 build 22621.1を導入する

 

Windows11 22H2 build 22621.1へのUpdateが【Windows 11 2022 Update】と表現されるとの記述も見られるが、

https://www.neowin.net/news/potential-windows-11-22h2-marketing-name-spotted-in-the-get-started-app/

各PCメーカーに配布されたとされるRTM版がbuild 22621.1ならば、ファイル名称が変わってもファイルの中身までは変えようもない。MS本家も22622のISOファイルはリリースしておらず、そのままUpdate発表となるんだろうか。

22621.457 (KB5016695)関連

月例更新除き累積更新が尽きないUpdateであるが、22621.382以後にKB5016591が降りてきた。

KB5016591到来

【.NET Framework 3.5 用の2022-08累積的な更新プログラムのプレビューと x64 (KB5016591) のWindows 11, version 22H2 用の 4.8.1】

https://support.microsoft.com/ja-JP/help/5016591には記載が無い。

念のために、uupdumpを確認してみると、KB5016695も存在するはずであるがWindows Updateでは表示されない(降りてこない)

KB5016695 uupdump

こちらも情報記載が無い。https://support.microsoft.com/help/5016695

これがLegacyユーザーの制限なのか、Previewユーザーでないためなのかは不明である。また、KB5016591とKB5016695との優先度も分からない。

まあKB5016591がWindows Updateに来たということはLegacyユーザーの制限ではなく、Non Previewユーザー が優先されたということかもしれない。

情報が無いこと、累積更新よりも来月の月例更新を優先すること、現況問題がないこと、面倒(他の優先項目もあり)ということもあって、PT3・PT2ともKB5016695は無視することにした。

22H2の準備は終わり、Windows Update待ち22H2確定版が出るまでは、他のBuildを試す必要もないし、Windows UpdateやTPM2.0ユーザーの情報を待っていよう。

関連過去Log:PT3

PT3掲載機(Legacy)と22H2 build 22621.819
PT3とWindows11 22H2 build 22621.755
PT3とWindows11 22H2 build 22621.608
PT3とWindows11 22H2 build 22621.521
PT3とWindows11 22H2 R Preview build 22621.382
PT3とWindows11 22H2 R Preview build 22621.232
PT3とWindows11 22H2 R Preview build 22621.169
メモ:物理PC Ubuntu22.04 LTSにPT3環境を設定してみる
PT3とWindows11 22H2 R Preview build 22621.105
PT3とWindows11 22H2 Beta build 22621.1
PT3とWindows11 21H2 build 22000.282

関連過去Log:PT2

PT2とWindows11 22H2 build 22621.819
PT2とWindows11 22H2 build 22621.755
PT2とWindows11 22H2 build 22621.675
PT2とWindows11 22H2 build 22621.608
PT2とWindows11 22H2 build 22621.521
PT2とbuild 22000.856
PT2とbuild 22000.832
PT2掲載機(Legacy)とWindows11 build 22000.778
PT2とbuild 22000.613
PT2とWindows11 21H2 build 22000.318
PT2と更新インストール (Windows11 22000.194 on LegacyPC)

関連過去Log:Ubuntu関連

Tips:Ubuntu22.04LTS CtrlとCapsLockキーの入替
Tips:Ubuntu22.04LTS テキストファイルを簡単にroot編集する
Tips:Ubuntu22.04LTS lvmの拡張をする
Tips:Ubuntu22.04LTSにClamTK6.14をインストールする
Tips:フォルダ共有 Ubuntu22.04 LTSとWindows11

関連過去Log:Windows関連

Tips:記録終了しなかった中間 (MDT) 動画ファイルを修復する
Tips:WINDOWS 10で0X800706BEのエラー対等 (KB5012599)
Tips:HotSwap! Version 6.3.0.0 on Windows11
Tips:Windows 11 日付や時刻がずれる場合の対応(NTPサーバー変更等)
Tips:Windows 11のデスクトップ壁紙の収納場所
VMware Pro 仮想マシンのWindows10を更新インストールする
Legacyノートパソコン ZENBOOK UX21E にW11.22000.194
Tips:Windows11 VMware仮想PC vTPMからソフトウェアレベルTPMに変更する
Tips:VMware仮想PCのレガシーBIOSモードをUEFIモードへ変更
Tips:Windows11 VMware仮想PCにvTPMを組み込む
なんで今頃BonDriverの初期化が出来ないんだよ!
Tips:Windows11の起動時にスタートアップ-アプリを追加する
Tips:Windows11の自動サインインの設定
Tips:Windows11 【netplwiz】自動サインインの設定が表示されない場合の対応

 - パソコン , , , ,

 

320

320

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

消費税増税のためのPCアップグレード

Windows10へのUpgrade:2019 Windows7のサポート終了と …

PT3とWindows11 21H2 build 22000.65

目次1 Windows11 Updateからbuild 22000.65が降りて …

今日はここまで
Windows10 build 10565とPT3

目次1 th2 release Professional 105652 buil …

サブキー【ErrorContro】
Tips:Win10 HotSwapに対応するためAHCIモードに切り替える

目次1  ツールが駄目ならレジストリ変更で2 なら手動でレジストリを調整2.0. …

Firefox Quantum60がリソースを食い荒らす-Windows10

目次1 CPUのリソースを使い切る2 古い記事でのアクセシビリティサービス対策3 …

PT3とWindows11 Dev build 22449.1000

目次1 開発BuildってRTM版とはどういう関係?2 PT3とWindows1 …

PT2とWindows11 21H2 build 22000.318

目次1 2021年11月の月例更新 累積アップデートKB5007215を含む1. …

PT3とWindows11 21H2 build 22000.51

目次1 仮想マシンには新規Previewユーザーにもbuild 22000.51 …

Tips:Windows11の自動サインインの設定

目次1 Windows11の自動サインイン2 Windows11起動後のパスワー …

HotSwap! Version 6.1.0.0 on Windows10
HotSwap! Version 6.1.0.0 on Windows10

目次1 製品なのか Windows10 TH1 Professional 102 …