湘南歩楽Log

@歩楽のデイリーLog 不定期ながらB級グルメやPC関連を記録してます♫

*

引地川のほとり 公園のクリハラリス

   

カラ系の混群を求めて

水鳥は定位置がないものの水場へ出掛けて待っていればやって来ることもある。サギやカワセミなどテリトリーを持つ種類なら尚更である。

カラ類を特定して追いかけられるかといえば、まあ運ということになるのかもしれない。待っても探しても来ない時は来ないのだ。見つけても、あっという間に過ぎ去っていく。カラ類の混群に遭遇すれば間近で拝められるのだろうが、うまい話もなく勘に頼るだけなのだろうか。

秋の日のシジュウカラ 小規模な混群の中で

 

結局、森で待機がいいのか街路樹なのか川縁なのか分からず、混群との遭遇は適わなかった。先ずは聞き覚えのあるシジュウカラの地鳴きを探そうと思う。

 

外来種のクリハラリス

普段は樹木からなかなか降りてこないクリハラリス(タイワンリス)であるが、この日は地上路面で戯れていた。微笑ましい風景だ。カラ類の混群がやってくるまでカメラを向けてみた。

クリハラリスにはどう猛性はないが、農業や電線など構築物への被害を出すこともあり特定外来生物でもある。

伊豆大島から江ノ島そしてそこから広がったと想定される末裔が地元で生息している。2000年頃だったか、鎌倉地区全域でリスが増加した経緯から、その流れをくむ個体なのかもしれない。農作物への被害、在来種・野鳥との競合を考えると、これ以上増殖しないでもらいたいと思う。ただ、アメリカザリガニ同様繁殖力のあるものが生き残るのが自然の摂理であるし、人命被害が出なければ駆除の対象にすらならないので自己防衛するしかないのである。大群で押し寄せるムクドリやワカケホンセイインコに対しても、駆除対策には至らないと聞く。

クリハラリスは憎めないのであるが・・・

 

可愛さが募って餌付けする輩も注意が必要であるが、こちらは自然増殖より始末が悪い。

カラ類の混群は待ちぼうけ。

 

関連過去Log:

引地川 支流のほとり ルリビタキ
引地川のほとり 2021年秋 みんなのカワセミ
引地川のほとり モミジと野鳥 2021
引地川のほとり 越冬ユリカモメ 2021秋
引地川のほとり 3本だけのメタセコイア~紅葉~
引地川のほとり コサギの狩 静と動
和泉川のほとり すずめの水浴び
引地川のほとり 湘南宿ホオジロ
引地川のほとり 湘南宿カワセミ
水辺の涼 戸塚宿界隈カワセミ 和泉川
戸塚宿界隈カワセミ 和泉川
湘南宿カワセミ 引地川
湘南宿カワセミ 長久保公園

 - 外出 , , ,

 

320

320

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

引地川のほとり 湘南宿カワセミ

目次1 工事の影響で散歩道のサギが移動してしまった2 人懐っこい個体を探して3 …

引地川のほとり モミジと野鳥 2021

目次1 紅葉を何処で楽しむ?2 待ちぼうけ・・・ 引地川のモミジと野鳥3 引地川 …

引地川のほとり 冬のイソヒヨドリ

目次1 年の瀬2 久しぶりのイソヒヨドリ3 備忘記録動画4 関連過去Log: 年 …

河津桜を独り占め~ヒヨドリ~
巷にはヒヨドリがあふれている

目次1 冬鳥の気配が消えて・・・2 ヒヨドリをメインに被写体としている人は居るの …

洞の水場・・・メジロ
引地川のほとり 杜の一角 洞の水場

目次1 冬の季節 野鳥にとっての水場2 水場があったとしても3 楽鳥散歩記録 2 …

帰ってきたツグミ2022その2
引地川のほとり 付近の畑 ツグミ

目次1 元旦の朝は寒かった・・・2 フィールドではピンボケのオンパレード3 おー …

引地川のほとり 3本だけのメタセコイア~紅葉~

目次1 2021年晩秋・・・紅葉2 公園にある三本のメタセコイア3 備忘記録動画 …

待ち人来たらず
待ち人来たらず

The person you are waiting for will not …

地味なトンボ
夏休み 塩辛蜻蛉

里山保全の予算が減らされている感じもするし 人口減少とはいえ 夏休みの採集網で追 …

花の蜜が恋しい
公園 雀 心地よい春眠の誘い

目次1 身近な野鳥では無くなった雀2 身近な野鳥とは3 季節が変わる4 動画~ほ …