湘南歩楽Log

@歩楽のデイリーLog 不定期ながらB級グルメやPC関連を記録してます♫

*

引地川のほとり 冬のイソヒヨドリ

   

年の瀬

年末のお休みとなったことで冬の公園内も夕刻にかかわらず多くの入園者とお犬様のお供で賑わっている。今日は比較的暖かいので尚更だ。

午前中は野菜スタンド買い出しの往復時にアオジ・メジロを見据えたが、全く歯が立たない。ジュリジュリと鳴いているエナガの群れも置きピン狙いの私には空しく遠ざかる。

午後の時間では、タイミングが悪かったのかお目当ての小鳥には会えず、私の散歩コースにはツグミの姿もまだない。探し方や居場所の経験値が低いので致し方がないが、もう少し待ってみよう。

カワセミの出も悪くて、いつもの場所には居ないのだ。風が吹くとモズやシジュウカラも何だか遠い。

久しぶりのイソヒヨドリ

鴨の群れを見納めに帰宅しようと思っていたら、ツグミ・・・ファインダーを覗くとイソヒヨドリだった。散歩エリアの引地川では10月に何度が目撃したがそれっきりだったので、居なくなってしまったと思っていたので、何だか安堵な気分である。

入園者が鴨に撒くパン屑の残りをせっせと啄んでいた。逞しさは相変わらずであるが、鴨と同様に人に寄れるとは思わなかった。何しろ公園に隣接した引地川の犬走り、多くの人が往来する。

引地川のほとり 冬のイソヒヨドリ

逆にカラスが来られないエリアなので、もしかしたら味を占めてこの一帯に居座るのかもしれない。あまり聞いたことはないが、イソヒヨドリもユリカモメ並に入園者が投げた餌を食べるようになるのかな・・・それはそれで面白い。

持ち帰って動画確認すると、腹の色がグレーで白斑が混じっているように見えるため、雄の幼鳥の様だ。来年の春には美しい音色の囀りを期待している。

 

備忘記録動画

もしかしたら人々の話題になっているかも知れないが、小生には久々のイソヒヨドリであった。

*ご容赦下さい。当サイトでは地元の方への配慮のため、野鳥出現場所等の情報を公開致しておりません。

関連過去Log:

引地川 支流のほとり ルリビタキ
引地川のほとり 2021年秋 みんなのカワセミ
引地川のほとり モミジと野鳥 2021
引地川のほとり 越冬ユリカモメ 2021秋
引地川のほとり 3本だけのメタセコイア~紅葉~
引地川のほとり コサギの狩 静と動
引地川のほとり 公園のクリハラリス
和泉川のほとり すずめの水浴び
引地川のほとり 湘南宿ホオジロ
引地川のほとり 湘南宿カワセミ
戸塚宿界隈カワセミ 和泉川
湘南宿カワセミ 引地川
湘南宿カワセミ 長久保公園
湘南宿カワセミ はじめての泉の森

 - 外出 , ,

 

320

320

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

散歩道 2023年春 駆け引きするイソヒヨドリ

目次1 近郊での野鳥繁殖期2 寄りつかず離れずのイソヒヨドリ達3 関連過去Log …

散歩道 逃げないヤマガラ

目次1 野鳥観察や野鳥記録のスタイル2 この春最後の“かぶりつき”ヤマガラ3 関 …

2022.09月 エゴノキのヤマガラ

目次1 エゴノキ(Styrax japonica)2 エゴノキとヤマガラの共生3 …

引地川のほとり モズのカップル

目次1 季節の変わり目2 モズは貴重な被写体3 関連過去Log: 季節の変わり目 …

引地川のほとり 2021年秋 みんなのカワセミ

目次1 散歩コースの野鳥2 Yエリアのカワセミ3 引地川のほとり 2021年秋  …

西部域の公園 アオジ

目次1 恐がりなアオジも空腹には勝てないようで2 目の前のアオジ3 関連過去Lo …

洞の水場・・・メジロ
引地川のほとり 杜の一角 洞の水場

目次1 冬の季節 野鳥にとっての水場2 水場があったとしても3 楽鳥散歩記録 2 …

2022/12月上旬 散歩道のルリビタキ その2
日曜日はルリビタキ?・・・+トライアルチャージ

目次1 日曜日は買い物しなくてもトライアルチャージ2 お米の加算ポイント3 鳥見 …

デニーズのサラダ
夏の終わり

台風多し オリンピックが終わり台風の通過が多くなり、夏の終わりが予見される。9月 …

湿地帯のホオジロ

目次1 明るい撮影地遠征計画2 湿地帯では3 関連過去Log: 明るい撮影地遠征 …